格安SIMを使い方必見!楽天モバイルの魅力と料金プランとは?

楽天モバイルについて

大手キャリアと呼ばれる、従来から事業展開している携帯電話会社と同等に、選択肢の一つになりつつある、格安SIM。インターネット検索をすると多数の会社がヒットし、テレビでも盛んにCMが放映されています。

「毎月の料金をお得に出来るらしいけれど、どこを選べば良いのか分からない」、このような疑問を抱いている方も少なくないでしょう。そこで格安SIMの一つである「楽天モバイル」の、サービスや料金プラン・使用可能機種などについてご紹介しましょう。

楽天モバイルの料金プランは非常に豊富ですが、あなたの使用実態に即したプランを探すことが可能です。モバイルの使用のあり方には、普段はLINE程度しか使わない方から、動画もゲームもたくさんする方まで、ライトユーザーもヘビーユーザーも、どちらの利用スタイルでもお得なプランが用意されているのです。

 

 

料金を割りやすい人向け!ベーシックプランについて

まずは「ベーシックプラン」からご紹介します。このコースは高速通信容量はありませんが、その代わりに電話での通話や最大200kpbsでデータ通信が可能です。これはLINEやSNSなど、文字でコミュニケートするツールを使用するには支障はありませんが、動画をスムーズに見るには、通信に時間がかかります。電話料金を割安にしたいなら、050データSIMが用意されています。これは特殊なアプリケーションを介して、普通の通話プランよりも安く通話できるようになります。携帯電話あてでは1分あたり約7円、固定電話あてでは1分当たり約5円ほど通話料が安くなります。ただし、110や119などの緊急電話や184の非通知設定を利用することは出来ません。このあたりも考慮して選択の可否を判断して下さい。

 

 

通信量に即した料金設定ができる!組み合わせプランについて

ご自分の利用スタイルに照らしてプランをカスタマイズしたい場合には、「組み合わせプラン」がお勧めです。3.1GBプランから30GBプランまで5種類のコースとなっており、価格も1600-6150円に分かれています。メンバーズステーションでは、データ通信料の増減を踏まえて、契約後も毎月1回まで月額基本料プランを変更できます。使用容量が少ない場合は、残ったデータ通信量を翌月にロールオーバーできるので、ムダが出ません。おまけに家族や友人間等でデータ通信量の前月繰越分をシェアしあうサービスもご利用になれます。楽天モバイルなら、5人までデータ通信量を分け合えることが可能です。

 

 

脱・通信規制!スーパーホーダイプランについて

さらに、2017年になって登場した「スーパーホーダイプラン」もご紹介しておきます。これは高速通信量を使い切ってしまっても、最大1Mbpsの回線速度を使用でき、しかも5分以内の通話だけなら定額で何回でも使い放題のプランです。他のSIMプランでは200bpsの通信速度しか出ないことに比較すると、使い勝手の良さが分かります。

そして楽天モバイルでは、端末の販売などにも応じており、格安SIMでは特に人気の高いiPhoneなども取扱っています。

 

公式ホームページはこちら