iCloudについて

iCloudとはAppleのiPhoneやiPadやiPod等の、様々なApple製品と同期させてオンラインストレージ上にバックアップを作成したり、端末を常に最新の状態に保てるようにするサービスです。

iCloudで使える機能はiPhoneやiPadやiPod等で撮影した写真を、iCloudがインストールされているパソコンへ全自動で転送する等です。その他にもパソコンとAppleのiPhoneやiPadの間でのデータのやり取り等も行えます。

[myphp file=’top_ad1′]

iCloudの活用方法

さらにiPhoneやiPad等にインストールしているアプリの情報や端末内に保存している写真と動画等のデータを、一時的にインターネット上のオンラインストレージへアップロードして、バックアップとして保存しておく事も出来ます。

iPhoneやiPad等の様々なApple製品を使用している場合には、icloudを使用する事で様々な機能が使えるようになって、とても便利になり活用の幅も広がります。誰でも自由に無料で使用できて様々な機能が搭載されているので、使い方さえ覚えてしまえば様々な場面で活用できます。

 

iCloudのダウンロードはこちらから

 

 

AppleのパソコンとWindowsOSのicloudのダウンロードの仕方について

iPhoneやiPad等のApple製品については、搭載されているiOSのバージョンによって細かく異なりますが、基本的には初期状態でiCloudが使える状態になっているので、手動でのダウンロードやインストール等の作業は必要ありません。MacBookやiMac等のAppleのパソコンについてもMacOSに、初期状態でicloudがインストールされています。

しかしWindowsOSを搭載しているパソコンの場合にはインストールされていないので、iCloudを使用してバックアップを作成したい場合等には、パソコンへのダウンロードとインストールが必要です。
WindowsOS向けのiCloudはAppleの公式サイトで公開されていて、ダウンロードのボタンをクリックするだけで無料でダウンロードが行えます。
インストールについてもダウンロードしたファイルをダブルクリックして、画面の指示従って操作するだけで簡単に行えます。

[myphp file=’mid_ad1′]

iCloudの使い方

使い方は簡単でiPhoneやiPad等の、iOSを搭載した端末の場合には、予めインストールされている設定アプリから、iCloudの項目を開いてサインインするだけです。プリインストールされている設定アプリを下にスクロールすると、iCloudという項目が表示されるのでタップして開きます。

初めて使用するAppleの端末の場合にはiCloudの項目を開くとサインインが求められるので、登録したAppleIDを使ってサインインをするだけで使用できるように成ります。バックアップの使い方も簡単でプリインストールされている設定アプリのiCloudのメニューから、バックアップの項目を選択して今すぐバックアップをタップする事でバックアップが保存出来ます。

iCloudを使ったバックアップではWi-Fiの接続が必要になり、無料で利用できる容量にも制限があるので注意が必要です。

 

公式ホームページはこちらから [myphp file=’bottom_ad1′]