iPhoneの機種変更について

新モデルは機能が強化されていたり、OSの不具合が解消されていたり、新機能が追加されていたりしますので、ユーザーとしては定期的に機種変更をしておきたいものです。

iPhoneの機種変更をする時に注意しておくべきポイントは、LINEなどのデータ移行をどのようにしていくかという事です。スマートフォンは、携帯電話とは違って数多くのデータファイルが大量に保存されている事が多いです。それらのデータファイルを如何にして効率的にバックアップを行い、新しい端末へとデータ移行するのかが重要です。

 

 

データのバックアップを取ろう

現在使っている端末のデータをバックアップさせる必要があり、近年発売されたモデルのiPhoneの場合はライトニングコネクタ経由で接続出来るストレージを使ったり、Wi-Fiでアクセス出来るNASを使ったり、インターネット上で提供されているオンラインストレージを使ったりといった事が考えられます。

何GBの容量のデータが保存されているのであれば、ポータブルHDDやポータブルSSD、NASが便利です。これらのストレージは大容量のデータを保存出来るように作られていますので、写真や動画や音楽ファイルといった比較的容量が大きい物をバックアップさせるのに有効です。

 

最新のiPhone情報はこちらから

 

 

LINEのデータをバックアップする方法は?

LINEのデータをバックアップさせたい時には、アプリ版のLINEに搭載されているiPhoneなどの製品向けのオンラインストレージに対応したトーク履歴のバックアップ機能を使います。予めオンラインストレージを使えるように設定しておく必要がありますが、オンラインストレージにバックアップを取っておけば、いつでも機種変更をした時に専用アプリを使ってデータ移行を行う事が出来ます。

アプリを起動させて、「トークのバックアップ」という項目をタップすれば、バックアップが始まりますがデータ容量が大きいのであれば、モバイル通信では無くてWi-Fiを使って光回線などでデータの送信を行うようにしておいた方が過度なパケット通信を行わなくて済みます。
LINEのトーク履歴を新しく機種変更して購入した端末へと移すには、オンラインストレージとの接続が出来る状態にした上で、アプリから復元の項目をタップすれば良いです。また、パソコンにトーク履歴のデータをバックアップさせてからアプリの復元機能からデータ移行する方法もあります。
この方法であれば、ネットを経由する必要が無く、パソコンに専用の音楽管理ツールがあれば、LINEのトーク履歴のデータ移行を容易に出来るようになります。

 

 

電話帳やブラウザのブックマークデータの移行も忘れずに

この他に機種変更で行う作業としては電話帳データの移行やブラウザで使っているブックマークの移行などがあります。ブラウザのブックマークデータやパスワードなどは、近年、ブラウザ側に専用の無料のクラウドサービスとの同期機能が搭載されていますので、これを使えば、容易に今まで使っていたブラウザ環境を自動的に構築してくれます。

電話帳データの移行に関しては、クラウド経由や赤外線ポート経由、USBケーブルを通した方法など様々な方法が用意されています。

 

Apple公式ホームページはこちらから