iPhoneのバッテリー交換について

iPhoneのバッテリー交換方法は、いくつかあります。ひとつめは、特殊ネジを購入して自力でバッテリーを交換する方法です。この方法の注意点は、バッテリー交換に失敗したとしてもアップル社は保証対象外なので、保証してくれないという点です。バッテリーを交換するためには、iPhoneを特殊ネジを使用して開封し、中で基盤とバッテリーが接続されているケーブルを切断して交換しなければなりません。

機械の整備などに慣れていない方であれば時間もかかってしまいます。その上、内部の基盤は大変デリケートなため、少しでも傷つけてしまうとiPhoneが起動しなくなるリスクがあります。とはいえ、自力でバッテリー交換を行うメリットは安く済ませることができる点です。

 

 

修理会社に依頼してバッテリー交換をする

修理会社に依頼すると最低でも5000円はかかってしまいます。自力で修理する場合はバッテリーの原料費だけなので、1000円から3000円程度でバッテリー交換できます。自分のスキルに自信のある方であればやってみると良いですが、初心者の方には向いていません。さらに、自分で安心安全のバッテリーを探して購入する必要があります。

低価格で交換可能ですが、その分時間のリスクがついてきます。そこで、自信の無い方は修理会社に依頼してみましょう。iPhoneの修理に関するプロであれば、失敗する可能性は限りなく低く、素人が無理してバッテリー交換するよりも時間がかかりません。5000円からバッテリーの交換を受け付けているので、依頼してみると良いでしょう。

ただし、バッテリーに使用されるメーカーは選択することが出来ない場合があるので、事前に確認しておくと良いです。自分が信頼できるメーカーのバッテリーを使用してもらいたいのであれば、前もってバッテリーを送付することで対応してもらいましょう。お問い合わせ方法は、通話料金無料のフリーダイヤルかウェブフォームでお問い合わせしましょう。専門のサポートの方が親切に対応してくれます。

 

最新のiPhone情報はこちらから

 

 

オークションやフリマサイトでバッテリー交換を依頼する

他には、オークションサイトやフリーマーケットサイトなどでバッテリー交換を依頼する方法があります。オークションサイトで依頼する方法は、専門の修理会社に依頼するよりもずっと安く済ませることが出来ます。依頼方法は簡単で、サイトでお問い合わせをした後にiPhoneを梱包して送付し、出品者の銀行口座に現金を振り込むだけです。

バッテリーの交換だけでなく、ディスプレイの交換やホームボタンの修理、ウイルスの駆除など様々な修理やサポートを低価格で受け付けているので、修理に必要なお金が無い方にはおすすめできます。

さらに修理会社と違って、費用の交渉もできる点から納得して依頼することも可能です。お支払いは銀行口座に現金で振り込むだけでなく、クレジットカードでお支払することも可能な出品者もいます。

バッテリーの交換作業にかかる日数はほぼ輸送にかかる時間だけなので、非常にスピーディーです。

 

Apple公式ホームページはこちらから