iPhoneのメール設定について

ワイモバイルや大手キャリアのモバイル回線を契約している人々が使う事が出来るキャリアメールは、メールでデコレーション機能が使えたり、従来の携帯電話ユーザーがスマートフォンに移行しても、そのまま、以前のメールアドレスを使えたり出来る等のメリットがあります。

iPhoneユーザーがキャリアメールやGmail、icloudメールを活用している場合、一つのメールクライアントアプリを使ってメールの送受信が出来るようになっていた方が便利です。iPhoneにはメールAppが予め搭載されており、このアプリケーションを通してメールの送受信をスムーズに行えるようになります。

 

 

メール設定の方法

メールの送受信を行うには、iPhoneの設定画面からメール設定を行う必要があります。メール設定に必要な物は、メールアカウントとパスワードであり、これらを入力すれば、ほぼ自動的に設定する事が出来ます。主なメールサービスの一覧が表示されますので、該当するメールサービスの項目をタップすれば、設定が完了します。但し、この項目に載っていないメールサービスの場合は手動で設定を行う必要があります。

メールサービスの一覧で「その他」をタップしてから名前、メールアカウントやパスワード、アカウントの説明を入力します。メールAppが設定が出来るかどうかを検索しますが、設定出来ない場合には、更にメールサーバの情報などを追加していきます。追加するメールサーバーの情報としては、受信メールサーバと送信メールサーバの情報です。利用しているメールサービスを運営している会社では、これらのメールサーバーの情報を公開していますので、その情報を基にして情報を入力していきます。

 

最新のiPhone情報はこちらから

 

 

ワイモバイルなどのMVNOでのメール設定

ワイモバイルのようなMVNOはメールサーバーの情報を入力する必要がありますので、IMAPの項目をタップして受信メールサーバと送信メールサーバの情報を入力していくと使えるようになります。mailやicloudメールなど色々なメールを使っている場合はこのようにアカウントを追加していけば、アプリが自動的にメール設定を行ってくれて使えるようになります。

アカウントが追加されたかどうかは設定画面で確認する事ができ、追加されている場合は送受信が行えますので、いつでもどこでも確認する事が出来る環境が整います。また、新しい端末に機種変更した場合、パソコンやオンラインストレージを使ったバックアップとデータ移行が行えますので、バックアップを確実に行っているのであれば改めてメール設定をする手間を省けます。

iPhoneのメール設定は他のスマートフォンと比較して容易であり、設定画面の一覧に載っているものを使っていれば設定をする部分がほとんど無く、アカウントとパスワードの入力だけでメール設定が済みます。一方で、ワイモバイルなどのMVNOを使っていますとIMAPも設定する必要がありますので今までの端末と同様に少し手間がかかってしまう事もあります。

 

Apple公式ホームページはこちらから