iPhoneの初期化について

iPhoneを初期化する前には注意しておかなければならないことがたくさんあります。まず、初期化をするとiPhoneの内部に保存されているデータが全て消去されます。思い出の写真やダウンロードした音声、動画やブラウザの履歴だけでなく、全てのiPhoneの設定が消去されます。そこで、事前にメディアファイルなどはiCloudにバックアップしておきましょう。

 

 

iPhoneを初期化する前の注意点

バックアップ方法は、iCloudにiPhoneの内部にあるデータを全てバックアップさせます。この際、倫理的に問題のあるファイルはクラウドに保存されない点に注意しましょう。その様なファイルは自分でデータを輸送して退避しておくと良いです。

iCloudにデータをすべてバックアップさせたら、iTunesを利用して初期化したiPhoneに復元させます。これで元のiPhoneと同じようにデータを使用することができるのです。
また、iPhoneを初期化すると、アプリのデータも消滅されます。事前にデータは引き継いでおけるように、退避させておきましょう。iCloudを使用しないで、データをバックアップする方法があります。

 

最新のiPhone情報はこちらから

 

 

パソコンにパックアップする方法とそのメリット、デメリット

それはパソコンをファイルサーバーにする方法です。パソコンにSambaなどのソフトウェアをインストールして、ネットワークを形成します。バックアップしたいiPhoneをパソコンと同じネットワークに接続します。パソコンで管理している無線LANにアクセスすることで、パソコンと同じネットワークに参加することが出来ます。

そこで、ファイルサーバーのIPアドレスをiPhoneのファイルマネージャーソフトに入力して、iPhoneの中にあるデータをファイルサーバーに転送させます。この方法のメリットは、倫理上問題のあるファイルでも問題なくバックアップされる点です。iCloudではアップル社のスタッフが監視しているので、問題のあるファイルは自動的に削除されてしまいます。しかしファイルサーバーは自分で管理しているので、削除される心配がないということです。さらに、iCloudと通信するよりも高速でデータ転送が可能です。急いで初期化と復元を行いたい場合にはファイルサーバーを利用する方法が望ましいと言えるでしょう。

さらに、パソコンのハードディスクを増設すれば、保存できるデータの量も増やすことが出来ます。動画やアニメーションを制作している方であれば、データの保管できる量が増える点は良いことです。パソコンの性能に応じて増やせるハードディスクの量が変わるので、事前に調べておくと良いでしょう。ただし、この方法のデメリットは知識が必要になる点です。

ファイルサーバーを構築する方法は知識のある経験者であれば簡単ですが、ネットワーク関係の知識が要求されるため、知らない方には難しく感じるかもしれません。バックアップする量が少ない方はiCloudを利用するほうが良いでしょう。

 

Apple公式ホームページはこちらから