イオンカードについて

イオンカードはイオン銀行が発行元である年会費が無料のクレジットカードです。毎月10日が利用料金の締め日になっており、翌月の2日が支払日に設定されています。18歳以上であれば申し込めますが、原則として高校生は対象外なので注意して下さい。

カードを作る方法は、イオンの店舗で申請する方法とインターネットで申し込む方法があります。どちらの方法で申し込んでも届くカードに違いはありませんが、前者の方法については気を付けるべき点があります。どこの店舗であっても受付を行っているわけではありません。大型の店舗の場合は随時受け付けているところが多いですが、規模の小さい店舗では受け付けていない場合もあります。ただしそのような小さな店舗であっても、不定期に申し込み用のカウンターを設けてくれることが珍しくありません。

 

イオンカードのお申込みはこちらから

 

 

カード申請から届くまでどのくらいかかるのか

カードが届くまでの期間は決まっているわけではないですが、1週間から2週間の間には届くことがほとんどです。急いでいる場合は、店舗で申し込む方法のほうが早い傾向があるのでおすすめです。

審査に関しては特に厳しいとは言われていません。イオンで買い物をする主婦であっても通過するぐらいなので厳しくはないでしょう。これまで返済を渋ったような履歴がなければ、審査に落ちる可能性は少ないと考えられます。また、インターネットの申込は非常に簡単です。身分証を提出する必要がありますが、スマートフォンのカメラで免許証などを写して所定の方法で送信するだけで済みます。

使用した金額や登録した情報は専用のサイトでいつでも確認が可能です。スマートフォンからでもログインでき、出先であっても確認できるので便利です。確認するだけでなく、ログインすることで登録情報やセキュリティ関係の変更なども行えるようになります。

 

 

イオンカードの特徴

また、イオンカードの特徴として、ポイントの還元が受けられることが挙げられます。変更される可能性はありますが、200円分の支払いをすることで1ポイント得られる仕組みです。ポイントはイオンだけでなく系列店でも支払いに利用できるので、失効してしまうリスクは高くありません。

さらにサービスに関する大きな特徴として、カードを提示するだけでショッピングで得をすることが挙げられます。テレビでコマーシャルをしているので有名ですが、特定の日に買い物をすると付与されるポイントが倍になるサービスなどがあります。そのような日以外でもカードを見せると、特別な割引価格で購入できる商品も少なくありません。日常的にイオンで買い物するのであれば、持っておいて損はないでしょう。

ショッピングに重点を置いたカードだけあって、買い物の安全面に対する配慮もしっかり行われています。たとえば5千円以上の商品を買ったときに壊れてしまったら、その購入代金の補償を受けられるのです。最大で50万円まで補償してもらえるので高額な物を買うときに心強く感じることでしょう。

 

公式ホームページはこちらから