ドコモ光について

ドコモ光を利用している人は多いですが、一体どのような魅力があるのか料金プランの説明をします。ドコモ光の毎月の料金プランに関しては、一戸建て住宅向けとマンション向けで若干異なる部分があります。いずれの場合も初期費用として3000円の支払いがありますので、その点を忘れないようにしましょう。

[myphp file=’top_ad1′]

基本的に一戸建て住宅タイプは5200円から6700円までと幅があるのが特徴になります。また同じ一戸建て住宅タイプでも、もう一つ似たようなプランがありますので注意が必要です。この二つの違いは、単にプロバイダと契約する時の選択肢が違うだけです。特にプロバイダにこだわりがない人に関してはどちらを選んでもそれほど変わらないため、料金の安い方を選ぶと良いでしょう。集合住宅向けの料金プランは、戸建て住宅用のプランに比べると安くなっており4000円から5000円の間の料金になっています。

請求されるのは、契約日から始まりその月は日割り計算で請求が来ます。Docomoとあわせて契約する場合、初回はコンビニなどで支払うタイプになりますので、注意をしましょう。料金の確認をする場合には、スマートフォンから151をダイヤルしてガイダンスに従えばその月に利用した金額がわかるようになっています。

 

ドコモ光のお申込みはこちらから [myphp file=’mid_ad1′]

初期費用・エリア・開始時期がポイント!ドコモ光の申し込み方法について

申し込み方法はインターネットで申し込むこともできますが、直接ドコモショップに行って申し込んだ方が話しがわかりやすいでしょう。少なくとも初めて申し込む人にとっては、プランが複雑なこともありますので、質問しやすいお店に行った方がよいかもしれません。キャンペーンを行っている場合には、初期費用だけ安く契約をすることができますので、あえてキャンペーンの期に契約をする方法も悪くはないでしょう。

注意しなければならない点が、そもそもどのエリアで提供されているかといった点です。電波の届かないところならば契約をしても無駄になってしまいますので、事前に確認をすることが必要です。確認をするための方法としては、フレッツ光回線が使用できるかどうかで判断するべきです。フレッツ光を利用することができる場合には、問題なく利用できると考えておけば間違いありません。インターネット上から、フレッツ光NEXTの提供エリアを調べることが可能です。

実際に使えるようになるのは、契約をしたその日ではなく工事をしてからになります。契約をときには、いつから工事ができるかを確認し、工事の日を決定してから工事をするまでは利用ができない点に注意が必要です。工事は繁忙期でなければ3週間程度でやって来てくれますが、引っ越しが度重なる三月から四月の前半にかけての繁忙期の場合、2カ月以上待たされることも少なくありません。もしある程度将来的な予定がわかるならば、繁忙期の時期を避けて契約をする方がよいでしょう。そのほうが、ストレスを少なく利用することができるでしょう。

 

公式ホームページはこちらから [myphp file=’bottom_ad1′]