メルセデス・ベンツについて

輸入車市場では3強メーカーの一角を占めるのが、メルセデス・ベンツです。近年売上げの伸長が著しく、さらに人気は高まる傾向を見せています。しっかりした販売店のサポート体制が用意されており、将来の買い取り価格の下支えにもなっており中古車市場でも人気は衰えることがありません。

世界中の富裕層の多くから支持されている最大の理由は故障が少なく、信頼性の高いパフォーマンスを発揮することにあります。

[myphp file=’top_ad1′]

 

メルセデス・ベンツが人気の理由

他の海外メーカーに多い電気系統の不具合や湿気の高い日本で走行しても故障することも殆どありません。湿気の少ない本国ドイツだけでなく、日本の気候風土にも適応していることも、国内で高い人気を誇る理由と言えるでしょう。

先進技術の導入にも積極的で、ミラー内蔵型のウインカーなどを先駆けて開発し、ハッチバックを自動で開くことが出来たりと、随所に便利に利用できる配慮が見られます。スポーツ選手や医師や弁護士等社会的に成功を収めた人々のステイタスとしても広く認識されていますが、実用性の高い仕様を持つことから、実用性とステイタスをバランスよく兼備した車種と言えるでしょう。

[myphp file=’mid_ad1′]

 

ベンツが販売している車の特徴や最新情報

ベンツは様々なクラスが発売されていますが、人気が高いのは2016年初頭にデビューした5世代目のEクラスです。プレミアムモデルでありながら、エレガントなフォームを実現しているのです。世界最高水準の技術を導入しており、周囲を確認してドライブパイロットが実行され、他車が死角で検知すると警告をする機能も実装しています。歩行者への衝突事故を回避するべく、自動ブレーキやステアリング操作もアシストしてくれるのです。

新車だけでなく中古車でも人気が高く、初めてのベンツ購入は中古車からと考えている方も多いでしょう。ただ新車よりも安く購入できるのは確かですが、「自動車の状態」を適格に把握しないとパーツが劣化しているのを見落としてしまい、後日修理が必要になったり、将来の買取り価格が下がってしまい、結局は大損を被ることになるのです。外装や内装・走行距離などだけで判断せず、エンジンやトランスミッション・足まりや電気系統なども精査することが大切です。

もちろん保証が充実している販売店で購入するのも大事です。価格の安さだけで判断せずに、将来的名コストも視野に入れて自動車の状態も適格に把握することが求められます。

これほど人気が高いベンツですが、Cクラスはマナーチェンジを行います。クーペの情報はまだ公開されていませんが、セダン・ステーションワゴンに続いて発表されると見られている訳です。メルセデス・ベンツ新型Cクラスは、ヘッドライト及びテールライトのデザインを一新させ、装いも新たになっています。とりわけヘッドライトは、Sクラスに搭載されているマルチビームLEDヘッドライトをCクラスとして初めて実装し、安全性を高めると同時に使い勝手のよさも向上し、ドライバーと他車や歩行者の安全を高める仕様となっているのです。

[myphp file=’bottom_ad1′]

 

公式ホームページはこちらから