DCカードのサービス内容やカードの作成方法は?

DCカードについて

クレジットカードには多くの種類があるので、やみくもに作ってしまうと失敗しやすいです。一般的に、多数のクレジットカードを作ることはできないため、作った後に他のカードの方がよかったと思っても、なかなか変更することはできません。初めてクレジットカードを作ろうとしている人は、しっかりと情報を集めて自分にとって最適なカードを見つける必要があるのです。

初めての人でも安心して作ることができるクレジットカードとなると、どうしても数が限られてしまいます。安心感のあるカードとして挙げられるのは、たとえばDCカードです。DCカードがよい理由には、いろいろなものがあります。特に重要なのは、DCカードが銀行系のカードだという点です。銀行系のクレジットカードは、取り扱っている企業の信頼性が高く、安心感があります。

 

 

メリットデメリットについて

DCカードは、VISAとMasterの2種類の国際ブランドがあるので、どちらか好みの方を選ぶことができます。一般的にはVISAの方が使える店が多いとされていますが、自分がよく行く店で使えるかどうかを確認しなければなりません。

また、既にVISAかMasterのクレジットカードを持っている人の場合は、持っていない方を選ぶのも1つの手です。どのクレジットカードを作る場合にも言えることですが、DCカードを作ろうとしているときもメリットとデメリットを十分に比較する必要があります。クレジットカードにはメリットもデメリットもあるのですが、他の人にとってのメリットが自分にとってはデメリットだというケースも少なくありません。口コミの情報を鵜呑みにして決めてしまうと、作った後に使い勝手が良くないことに気づいたりするのです。

 

DCカードのお申込みはこちらから

 

年会費・WEBサービス・カードの作り方について

取り扱っているのが銀行ということで信用性が高まっているわけですが、それは審査が厳しいことの裏返しでもあります。正社員として働いていて収入が安定している人であれば審査が厳しくてもスムーズにカードが作れるのですが、収入に不安がある人の場合は注意が必要です。いくらメリットが大きいカードでも、作ることができなければ意味がありません。とはいえ審査のことばかり気にして申込を躊躇してしまうのはもったいないので、無収入のような極端なケースでなければ積極的に申し込むのがよいです。

DCカードは年会費が税別1,250円ですが、初年度については無料となっています。そのため、使い続けるかどうか決めかねている人も、年会費が無料のうちに試してみるということが可能です。また、締め日は毎月15日で、翌月10日に実際の支払いを行うことになります。締め日をきちんと把握した上でカードを利用することが大切です。明細書の内容を確認したい場合は、ウェブサービスを利用することができます。ウェブサービスにログインすれば、掲載されている多くの情報を自由に確認できるので便利です。DCカードを作る方法は難しくありません。オンラインで必要事項を入力するだけなので、短時間でスムーズに手続きが完了します。

 

公式ホームページはこちらから