クオカードについて

クオカードとは、プリペイドカード式の現金の代わりとなるサービスです。コンビニなどで決まった金額を支払うと、その金額と同程度の価値のカードを貰うことができます。そして、実際に入手したクオカードを利用すると現金と同じようにショッピングができますので、現金を手元に置かずに買い物が出来て非常に便利です。

プリペイドカードの大半は、2018年現在ではコンビニやインターネット上で購入することができますので、現金の対価として多くの場所で利用することが可能です。ただ、クオカードは使い切りを基本と舌カードになっているため、残高をそこにさらに入金するといった手法が取れない難点もあります。

 

 

クオカード使用方法

クオカードは、大手のコンビニチェーン店や大手の書店、ドラッグストアなどで使うことができます。プリペイド式のサービスであるため、使い方に関してはいくつかの注意点も必要です。店舗によっては取り扱いが若干異なる可能性もあります。

例えば、現金とクオカードをセットで利用する方法です。基本的な支払を現金で済ませておき、足りなくなった部分だけをクオカードで支払う方法が考えられます。この際に、差額を支払うことができる店舗とできない店舗があります。店舗で取り扱っているクオカードの決済方法が、使い切りの全額支払いしかないところもあるからです。例えば、店舗で働いている店員が全額決済の方法しか知らないようなケースでは、差額を利用した方法を利用できません。また、レジの問題もあります。利用しているレジによってクオカードと差額の決済に対応していないところもありますので、こうした細かな部分に関しては実際に利用する店舗で各々調べておく必要があります。

 

クオカードの購入はこちらから

 

換金方法について

貰ったクオカードを換金することも一部の店舗では可能です。これは、金券ショップなどに行けば容易に実施することができます。買取方法に関しては、店頭買取と郵送買取の二つが用意されていることが一般的です。クオカードは電子マネーと異なりますので、電子上のデータである文字列だけを書き込めば良いわけではありません。電子マネーの場合には割り当てられた文字列を書き込むことによって金銭を売却することもできますが、クオカードにはカードがありますので、それを受け取ってもらう必要があります。

また、クオカードにはそれぞれのカードに応じた換金率というものが存在します。例えば、1000円でクオカードを購入した場合には、そのまま1000円で売却することはできず、元値の90%から80%程度で売却するのが相場です。もちろん、こうした換金率も買い取ってくれる店舗によって異なりますので、より高く買い取ってくれる店舗を探した方が得策だと言えます。また、買取をしてもらうためにはそのカードの状態が良いモノでないといけません。有効期限が切れていたり、磁気情報が入っている裏面に傷がついていたりすると買取拒否されることもあるので、この点は知っておくことです。

 

公式ホームページはこちらから